川西 祐三郎 「正門前」

INDEX>
川西 祐三郎 「正門前」
かわにし・ゆうざぶろう
1947年商経学部卒業。関西の創作版画をリードする存在であった川西英の子息で、最初は阪神百貨店に勤務しながら神戸の風景を描き、明朗な色彩と大胆な構成の版画を発表。また、とくにヨーロッパの風景に題材を採ったシリーズで、独自の画面を作り上げた。兵庫県文化賞、神戸市文化賞受賞。日本版画協会・国画会の会員。神戸市在住。