吉原通雄「無題」

INDEX>

荒木高子
ロックバイブル
(関西学院会館)

よしはら・みちお
1933年兵庫県芦屋市に生まれる。
吉原治良の次男で、1955年経済学部卒業。在学中の昭和29年、具体美術協会の結成に参加。
同窓の村上三郎、嶋本昭三らとともに、海外を含めた多彩な美術活動を展開。
はじめは砂や土などの素材に、あるいは直接電球を埋め、あるいは画面に固着するなど、大地をテーマとした作品で知られた。その後、色彩鮮やかな紙テープを用いたり、蛍光管を用いるライト・アートを試みるなどしたが、具体美術協会解散後は晩年まで長く制作から遠ざかった。