片岡真太郎「それは風のなかに」

INDEX>
( 関西学院会館 )

かたおか・しんたろう
1926年生まれ。52年関西学院大学経済学部卒。商社勤務の傍ら、数多くの展覧会で入賞を重ね、59年より画業に専念。70年サロン・ドートンヌ(フランス)入選、79年サロン・オンフルール“海“展(フランス)大賞を受賞するなど、受賞は多数にのぼる。最近では、震災から復興を遂げた神戸国際会館ロビーの壁画を飾るなど、多くの人々に愛され親しまれている。94年には、学院発祥の地神戸原田の森と西宮上ケ原・神戸三田キャンパスを背景に若い男女を配した作品の寄贈を受けた。この作品は、関西学院会館の完成を記念して、空の翼、若き力、風、光をモチーフとした2部作を関西、再び学院に寄贈されたもの。
日本美術家連盟会員、立軌会会員、サロン・ドートンヌ会員。芦屋市在住。