小金丸勝次「母校関学 原田の森の教会堂」

INDEX>
(中学部)

こがねまるかつじ
1924年関西学院旧制中学部卒業。特に属した洋画グループはなかったが、しばしば個展を開くなどして活躍した孤高の画家である。この絵は王子市民ギャラリー(神戸市・灘区)の昔の姿を描いたもの。王子市民ギャラリーは関西学院発祥の地で、この建物は学院の礼拝堂として1904年に竣工し、出資者である米国の銀行家ブランチ氏の名を冠し「ブランチ・メモリアル・チャペル」と呼んだ。学院発祥の地に残る唯一の建物として美しい姿を残していたが神戸大空襲によって塔屋を焼失。1993年神戸市によって復元され「王子市民ギャラリー」として人々に親しまれている。