森場さとし「ステンドグラス『光あれ』」

INDEX>
(図書館エントランスホール)

もりば・さとし
森場氏は1948年愛媛県に生まれ、本学に学ぶ。システムエンジニア&プログラマーの職に就くが、ステンドグラスの魅力にひかれ、「ベニス工房」―「議場塾」で技術を磨く。
自然の中での暮らしを求め、86年から北海道池田町に移り住み、「リトゥルベア・スタジオ」を設立。現在制作の傍ら教室を開き、ステンドグラスの普及に努めている。『光あれ』は今週グランドオープンした大学図書館のエントランスホールを飾る。