新宮晋「光の海」

INDEX>
1997年(大学図書館)

しんぐう・すすむ
1937年生まれ。東京芸術大学美術学部油画科卒。ローマ国立美術アカデミアに留学。絵からレリーフへ、さらに立体へと関心を移し、動く立体造形を始める。66年帰国し、以後大阪万博、野外彫刻展等で活躍。風や水を動力にした作品「羽ばたき」「虹の木」などがあり、“空気の専門家”と呼ばれる。1975年より絵本も手がけ、「いちご」「じんべいざめ」「小さな池」などの作品がある。
国立国際美術館賞(1979)、日本芸術大賞(1986)、ヘンリムーア大賞展特別優秀賞(1989)など受賞多数。三田市在住。